【はじめての】VPS導入とRedmineの構築


VPS導入からRedmineの構築まで行ったので、備忘録として残そうと思います。

当記事では、VPSはConoHa、OSはcentos、ドメインはムームードメイン、セットアップはBitnami Redmineを使用しています。


この記事でわかること

  • VPSの導入手順
  • VPSへの接続手順
  • redmineの構築手順


この記事でわからないこと(そのうち更新)

  • RedmineのHTTPS化の手順 
  • VPSへの暗号化接続(SSH公開鍵暗号化方式)


目次

  1. VPSの契約とサーバー追加
  2. TeraTermの導入
  3. Redmineのインストール
  4. ドメインの割当
  5. gmailの設定
  6. Redmineの設定


1.VPSの契約とサーバー追加

1-1.

ConoHaのホームページを開きます。

ConoHa: https://www.conoha.jp/


1-2.

ページ上のメニューより「VPS」をクリック。

今回は512MB(630円/月)を選び、「お申し込み」をクリック。

ConoHaの指示どおりに入力して契約してください。


1-3.

サーバー追加の画面が開くので、下記のとおり入力し、追加ボタンを押下します。

リージョン:東京

サービス:512MB

イメージタイプ::centos  

 root パスワード:(任意入力) ※控える

ネームタグ:  (任意入力)



1-4.

左メニューより「サーバー」をクリックし、サーバーリストに表示されている「ネームタグ 」を押下します。

サーバーの詳細が表示されるので、「IPアドレス」を控えておいてください。


2.TeraTermの導入

2-1.

TeraTermをダウンロードしてインストールしてください。

TeraTerm: https://forest.watch.impress.co.jp/library/software/utf8teraterm/


2-2.

TeraTermを起動し、ホストに1-4で控えたIPアドレスを入力してOKを選択します。

2-3.

ユーザ名:rootを入力

パスフレーズ:1-3のroot パスワードを入力

黒い画面が表示されたら接続成功です。


3.Redmineのインストール

3-1.

TeraTermでVPSへログイン後、下記のコマンドを実行し、パッケージを最新にアップデートしておきます。

yum -y update

yum -y upgrade


3-2.

下記のコマンドで、ファイアーウォールのhttp通信を許可します。

firewall-cmd --zone=public --add-service=http --permanent


下記のコマンドで、ファイアーウォールを再起動します。

firewall-cmd --reload


3-3.

下記サイトで最新版のBitnami RedmineのインストーラのURLを確認します。

インストーラ: https://bitnami.com/stack/redmine/installer

Chromeの場合、右クリック→リンクのアドレスをコピーでURLを取得できます。


3-4.

下記コマンドでBitnami Redmineをダウンロードします。

※ファイル名は、3-3で取得したアドレスを指定してください。

wget https://bitnami.com/redirect/to/455770/bitnami-redmine-4.0.2-0-linux-x64-installer.run


3-5.

下記コマンドでファイル属性を変更します。

※ファイル名は、3-3で取得したアドレスを指定してください。

chmod 755 https://bitnami.com/redirect/to/455770/bitnami-redmine-4.0.2-0-linux-x64-installer.run


3-6.

下記コマンドでインストーラを実行します。

※ファイル名は、3-3で取得したアドレスを指定してください。

./bitnami-redmine-4.0.2-0-linux-x64-installer.run


3-7.

インストーラで下記を入力

言語の選択:3(日本語)を打ってエンター

インストールするコンポーネント:全てエンター(デフォルトになる)

管理者アカウント:(任意の値で入力) ※控えてください

メールサポート:エンター(デフォルト)

Redmineアプリケーション起動:エンター(デフォルト)


3-8.

ブラウザで「http://(1-4 IPアドレス)」を入力し、「bitnamiのページが表示されること」「Access Redmine」をクリックして、Redmineの画面が表示されることを確認してください。


4.ドメインの割当

URLをドメインで運用したい場合のみ、この設定を行います。

ドメインが必要ない場合、3-8のIPアドレスのURLにて運用してください。

また、当ページでは、ドメインは既に取得済を前提として記載しています。


4.1.

ムームードメインのコントロールパネルよりムームーDNSを開き、使用したいドメインの変更ボタンを押下します。

4.2.

下記を入力後、セットアップ情報変更を押下してください。

サブドメイン:(任意の値)  

種別:A

内容:1-4 IPアドレスを入力

→  上記の例だと、https://abc.r2corp.co.jp/ となります 


4.3.

ブラウザで4.2で作成したURLを入力し、「bitnamiのページが表示されること」「Access Redmine」をクリックして、Redmineの画面が表示されることを確認してください。



5.gmailの設定

5-1.

Redmineからの通知メール送信設定を行います。

ここでは、gmailを使用します。

まず、googleアカウントのページに遷移します。


5-2.

セキュリティ>2段階認証プロセスを選択し、googleの指示に沿って2段階認証プロセスONにしてください。


5-3.

セキュリティ>アプリパスワードをクリックします。

5-4.

Redmineと入力して生成ボタンを押下します。 ※アプリパスワードを控えてください。


6.Redmineの設定

6-1.

Redmineより、gmailで通知メールを出す設定を行います。

TeraTermでVPSへログイン後、viでconfiguration.ymlを開いてください。


(例)

vi /opt/redmine-4.0.2-0/apps/redmine/htdocs/config/configuration.yml


※configuration.ymlは「(インストールディレクトリ)\apps\redmine\htdocs\config」に存在します。

インストールディレクトリ)が分からない場合は、下記コマンドで検索してください。

cd /

find . -name configuration.yml


6-2

viでファイルを開いた後、キーボード「i」で編集モードにし、email_deliveryの設定を下記のように書き換えてください。

email_delivery: 

 delivery_method: :smtp

 smtp_settings:

 enable_starttls_auto: true

 address: "smtp.gmail.com"

 port: 587

 domain: "smtp.gmail.com"

 authentication: :plain

 user_name: "(gmailのメールアドレス)"

 password: "(5-4のアプリパスワード)"


キーボード「ESC」で編集モード終了

「:wq」+エンターで保存・vi終了してください。


6-3.

下記コマンドでredminを再起動します。

(インストールディレクトリ)/ctlscript.sh restart


6-4.

redmineへ3-7で作成した管理者IDでログインし、「管理>設定」を押下します。

6-5.

設定>全般タブ>ホスト名とパス欄:4.2のURLを入力(「http://」は不要)し、保存ボタン押下

設定>メール通知>テストメールを送信を押下


6-6.

ログインユーザにテストメールが届いていることを確認

テストメールのRedmine URLが正しいことを確認(間違っている場合、6-5の入力値を修正)


6-7.

登録ユーザーだけがredmineの内容を参照可能にします。

「管理>設定>認証」にて、認証が必要に「はい」を選びます。


これでredmineの導入が完了になります。お疲れ様でした!

株式会社アールツー

横浜市のソフトウェア開発会社です。 法人としては、ひよこさんクラスですが、にわとりさん目指して頑張ります。